ブリーフのデメリットってなに

ブリーフはメンズ用のランジェリーといううか下着の代表的な物であると個人的には思います。

子供の頃に履いていて大人になって履かなくなったと言う方も大勢いる事と思います。

大人になってからはメンズ用のランジェリーとしてブリーフからビキニタイプへと移行している方も大勢いるのではないでしょうか。

そんなブリーフやビキニタイプのパンツ、
レディース用のランジェリーは足の部分にゴムを使用している場合が多いですね。

そのゴムの部分が足の股関節の所、
ソケイ部分の所を圧迫する為にリンパの流れが悪くなってしまって血流が悪くなって、
冷え性を引き起こしたり、
むくみを引き起こしたりする原因となってしまいます。

またゴムが肌にあたり炎症を引き起こしてしまうと言うデメリットもあると言います。

ブリーフ等はウェストからお尻辺りを全面的にサポートしてくれ、
弛みにくくしてくれる働きがあるのではないかとも言われているのです。

それでも、ゴムの締め付けがきつ過ぎてしまうと無理に身体に圧がかあかってしまうために、
体型が崩れてしまったり腰痛を引き起こしてしまったり、
筋肉が衰えてしまったりして身体に影響を出してしまう事にもなりかねないのです。

もちろん必ずしも影響が出ると言う訳ではありませんが、
こうしたデメリットがある事から、
足の部分にゴムを使用している下着については選ぶ際に注意が必要になりますので覚えておくと良いでしょう。

また最近の下着に関してはこうしたデメリット部分も解消されている事が多いですので、
必要以上に心配する必要はないと思いますよ。

カルバンクラインのメンズ用のランジェリーって

ブリーフやトランクスがメンズ用のランジェリーとして昔は主流でしたし、
その2択しか無いとも言われておりました。

ですから下着に対してオシャレな感覚を持つと言う男性は昔はそこまで多くなかったかもしれません。

しかし1990年代位になって急に「ボクサーパンツ」と言うメンズ用のランジェリーが登場してきたのです。

今でも人気ですがボクサーパンツはカルバンクラインと言うブランドから登場してきたメンズ用のランジェリーだと言われています。

それまでメンズ用と言うとなんだか無地や柄もシンプルで地味な感じだったのに、
カルバンクラインから出されたボクサーパンツはとても画期的でとてもオシャレな下着として登場してきて世の中の男性の注目を一気に
集めたのだと思います。

ここからメンズ用の下着もランジェリーとして画一されてきたという訳です。

カルバンクラインのボクサーパンツはゴムの部分に
「カルバンクライン」のロゴが入っていて、
それがとてもオシャレに見えた事から、
そのゴムの部分をわざとボトムスから覗かせて履くと言う様なスタイルが登場してきた様に感じます。

このロゴは今でも健在でして、
カルバンクラインのランジェリーの象徴と言っても良いと思うのです。

カルバンクラインのボクサーパンツは形がシンプルでありながら、
履きやすさも追求されていて、
尚且つオシャレで有ると言う下着なのです。

下着をオシャレに履く男性が増えたのはカルバンクラインのボクサーパンツが有ったからこそなのかもしれません。

下着がそもそも持っている役割とは

男女問わず必ず毎日着ている衣類として「下着」があると思いますね。

「ランジェリー」とか「インナー」とか呼ばれていて肌に直接身に着ける衣類となります。

ランジェリーとしてレディースやメンズ用としてオシャレな物もありますが、
下着にはきちんとした役割が有るのです。

先ずは実質的な機能ですが、
身体からは皮脂や汗が出ますよね。

こうした身体の汚れが衣類に着かない様に守る役割や、
身体を冷やし過ぎない様に温度調節をする役割、
衛生的にするという役割、
衣類を着る際に身体のバランスやシルエットと整えてくれると言う役割等があります。

特にメンズよりレディース用の下着の方がシルエットと言う点では力を入れているのではないでしょうか。

またこうした実用的な役割だけではなくて、
感覚としての役割も下着にはあると言います。

ランジェリーには色々な形や色柄があり、
ファッションの1つとして取り入れる事が出来ます。

その日の気分で色合いを変えてみるだけで気分がガラッと変わったりしますよね。

見えない部分からオシャレを楽しむ事で本当のオシャレ度合いが分かってくる様な感じがします。

またこれはレディースの場合ですが身体のバストやヒップと言った年齢と共にたるみやすい部分を補正してくれる役割も持っています。

通常のランジェリーよりはサポート力が強くて、

長く着続ける事で弛んだお肉が元の位置に戻って補正してくれると言う事になるのです。

この様に色々な機能や役割を下着は持っているので、
是非知識として覚えておくと下着の身に着け方が変わってくると思います。

メンズ用のランジェリー【ブリーフ】って

一般的な日本のメンズ用のランジェリーと言うと「ブリーフ」を挙げる人が多いのではないでしょうか。

小さいお子様が履いているイメージがありますよね。

最初はブリーフを履いていた男の子も、
年齢を重ねて大人になってくると見た目が格好悪いといってトランクスに変えてしまう子も多くいた様な感じがします。

ブリーフと言うのは今では色んな色が出ていますが、
定番的な色は白で、
全体的に生地で覆われていてピッタリとお尻や股間部分をサポートしてくれています。

そして前の部分にはY字型に窓があり、
そこからトイレをする様になっています。

デメリットとしては全体的に締め付けがあることから、
通気性も比較的良く無く蒸れやすいと言うこと、
サポート力は有るけれども余裕が無いことが挙げられます。

ブリーフの窓もそれほど機能的ではないために使いにくいと言うデメリットもあるようです。

対してブリーフのメリットに関しては、
ピッタリしたボトムスを着用する際、
ブリーフを着用することで腿に生地が無いので捲れ上がらないのでキレイにボトムスを履くことが出来ると言うメリットがあります。

更にピッタリとサポートするために下着が邪魔にならないと言うメリットがあるのです。

今ではブリーフでもボクサータイプがあったりとデザイン性も優れてきていますので、
ピッタリしたタイプのメンズ用のランジェリーが欲しい場合には調べてみると良いですね。

この様にブリーフはメンズ用のランジェリーとして確立されている物ですが、
メリットとデメリットを充分に考えて、
敬遠しすぎずに必要な時に着用してみてはいかがでしょうか。

メンズ用のランジェリーへのこだわりとは

女性が持つこだわりとまではいきませんが、
男性もメンズ用のランジェリーにこだわりを持つ人が増えてきました。

昔はトランクスかブリーフかと言う2択しか無かったと思うので、
そんなにこだわりを持つ人も少なかったのかなと思いますが、
今ではメンズ用のランジェリーの種類は物凄い増えましたし、
柄もデザインも物凄くたくさん増えてきているために選択肢がたくさん有り過ぎて逆に悩んでしまう人も多くなってきていると思うのです。

ですからメンズ用のランジェリーを購入するときにはどの点にこだわりを持って購入するのか、
個人差が出てきてちょっと面白いかもしれませんね。

とは言う物のあくまでも「下着」ですのでデザイン性だけでなくて機能性や快適性、
耐久性と言う点も重視しなくてはいけません。

下着本来の役割をしっかり果たした上でデザイン等にこだわりを出していくと良いと思うのです。

下着は直接肌に着ける物ですので、
肌触りが良く無ければいけません。

快適性と言うのは着ていて気持ちが良いと言うことですからその点をしっかりと重視して選ぶ様にしてはいかがでしょうか。

更にトランクスを選ぶ時のこだわり、
ブリーフを選ぶ時のこだわり、
ボクサーパンツを選ぶ時のこだわりと言う様にランジェリーの種類によってこだわりを持つ様にしてみても良いかもしれませんね。

最近の男性はホントにファッションに対してオシャレになってきました。

だからこそランジェリーへのこだわりも持って欲しいと思いますし、
それでこそ本当のオシャレなのではないでしょうか。

「ボクサーパンツ」って

トランクスタイプの見栄えの良さと、
ブリーフタイプのピッタリ感と言う2つのメンズ用のランジェリーの良い所ばかりを凝縮して作られているのが「ボクサーパンツ」と言うメンズ用のランジェリーではないでしょうか。

生地は柔らかくてブリーフと同じ様な素材で作られていることが多くて、
肌触りも良く出来ています。

またサポート力がしっかりとあって股間やお尻をサポートしてくれます。

また股関節から太ももにかけて生地が伸びていて、
その部分もしっかりとフィットしてサポートしてくれているために、
ピッタリ目のボトムスを上から着用しても捲れ上がることが無いと言うメリットがあります。

前側の見栄えはブリーフですが、
形的にはブリーフのため、
2つのメンズ用のランジェリーの合作と言う見かたをするみたいです。

またブリーフはデザイン性が無いと言うデメリットも有りましたが、
ボクサーパンツは色んなタイプの生地や柄を使っているので、
見栄えも可愛く仕上がっています。

ウェスト部分のゴムの部分も太くしてその部分にプリント生地を使ったりして、
見せるパンツとしても注目を集めていますので選ぶのも楽しくなると思いますよ。

最近はオシャレな男の人が増えてきたこともあって、
下着にも注目をする男の人が大勢います。

そうした男の人からはボクサーパンツは凄くピッタリのメンズ用のランジェリーではないかと思うのです。

機能性だけでは駄目ですし、
見栄えだけでも履きにくければ履かなくなりますよね。

この様に多くの男の人が履いているメンズ用のランジェリーのボクサーパンツをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

メンズ用のランジェリー【トランクス】って

「トランクス」はメンズ用のランジェリーの代表的な物といって良いでしょう。

男性用の下着と言ったらブリーフと並んでトランクスが並ぶのではないでしょうか。

そういうメンズ用のランジェリーの代表であるトランクスのメリットとデメリットについて挙げてみたいと思います。

ブリーフと比べてトランクスは股関節の辺りから腿にかけて生地が有りますよね。

ショートパンツの更に短い版と言ったイメージですよね。

これによって得られるメリットとして、

股関節の所を締め付けないために股間部分も締め付けない様になって、
自然な感じでゆったりと下着を着けることが出来ると言うメリットがあります。

股間部分が締めつけられずにゆったり出来ると言うことは、
通気性も良いと言うことになりますので蒸れること無く下着を着けることが出来ます。

またデザイン性も優れていて、
色んな柄のトランクスが登場してきてオシャレな男性は皆トランクスを履くと言う様な流れも出てきた様な感じがします。

デメリット部分としたら腿まで伸びている生地がジーンズ等のパンツを履くことでまくれ上がってしまうと言うデメリットあります。

股間部分のゆとりの部分も、
生地が捲れ上がることで見えてしまうかもしれないと言うデメリットがあるため、
トランクスの上に履くパンツについては選ぶ必要が出てくると言うデメリットがあります。

またゆとりがある分収まりが悪いと感じるデメリットもあります。
こうしたメリット・デメリットについては個人の感じ方次第ですので、
実際履いてみて感じてみると良いと思います。

メンズ用のランジェリーのお手入れの仕方とは

下着はメンズ用、レディース用問わずとても繊細に出来ています。

これは肌に直接着ける物なのでということもあるからです。

肌に直接着けると言うことは汗や皮脂も着きやすく、
洗濯も度々行いますので生地が傷みやすくなります。

そうなると1枚当たりのランジェリーの耐久年度はとても短いと言うことになる訳です。

お手入れをきちんとすることで良い状態のランジェリーを保つことが出来ますのでぜひ試してみて下さいね。

先ずはお手持ちのランジェリーの洗濯表示を見て、
洗い方は使用する洗剤に注意して下さい。

洗濯時には手洗いをしても良いですが、
毎回それでは面倒ですよね。

手洗いじゃなくても良い下着の場合は洗濯用ネットを使って洗濯機に入れてあげるだけで、
洗濯物と洗濯物が絡まらずに繊維を傷めずに済みます。

使用する洗剤は洗濯表示を見て、
「中性」と記載している場合は中性洗剤を使って下さい。

直接下着に着けてしまうと変色してしまったり生地を傷めてしまう原因になりますので、
避ける様にしてください。

干す場合ですが、
洗濯が終了したら放置しないで直ぐに干す様にしましょう。

形を整えて風通しが良い場所で陰干ししてください。

完全に乾いてから洗濯物は取り込む様にし、
形を整えてゆったり目に収納してください。
生乾きで取り込むとカビが発生してしまう可能性がありますし、

形を整えないと型崩れしてしまって着用時に格好悪くなります。

わずかこれだけでメンズ用もレディース用もランジェリーを長持ちさせることが出来ますのでぜひ試してみて下さいね。

メンズ用のランジェリーはサイズ選びも大事です

大抵の男の人は下着を買うときに常に履いているサイズで選んでしまうことが少なくないと思うのですが、
メンズ用のランジェリーはすべてが同一サイズではありませんので買う時々に合わせてサイズを選び直す様にした方が良いと思うのです。

メンズ用のランジェリーと一言でいっても、
日本国内だけでも日本のブランドのランジェリー、
海外のブランドのランジェリーと言う様に色んな国のランジェリーが取り扱われています。

その国でサイズの規格と言う物が違っていますので、
同じMサイズでも日本の方が小さい作りになっていると言うこともあります。

ですから常に通りのサイズを買ってしまって実際履いた場合、
大きくて履けないと言うことになりますし、
下着なので一回履いてしまうと返品もきかなくてムダになってしまうことも充分にあるのです。

また一言でメンズ用のランジェリーといっても形や種類がバラバラですし、
使われている素材も違っています。

また履き方も違っていてトランクスなら少しゆったりめだけど、
ボクサーパンツならピッタリ目に履くと言う様に履く種類によっても選ぶ大きさが変わってくると思います。

誤ったサイズを買ってしまったらアウターに響く等、
オシャレが台無しになってしまうことも考えられます。

ですからメンズ用のランジェリーを買うときには自分のウェストサイズ等をしっかりと覚えておいて、
それを元にそれぞれのブランドのサイズチャートと比べてサイズを測る様にしましょう。

男性の浴衣と下着って

夏になると夏祭りや花火大会等、
浴衣を着て外出する機会が多くなりますよね。

男の人も浴衣を着てカップルで出掛けると言う姿を多く目にする様になってきています。

そこで疑問になるのが男の人が浴衣を着る時のメンズ用のランジェリーってどういう様にすれば良いのかなと言うことだと思います。

浴衣を着る際のメンズ用のランジェリーの着用は賛否両論有ると思います。

着ると浴衣が汗で肌にピッタリくっつかないとか、
着崩れしないとか、
汗染みが浴衣に出来にくいとか言うメリットが有る半面、
着ると暑いから嫌だとか、
苦しいから嫌だとか、
浴衣の端々からランジェリーが見えるのは格好悪いと言う様なデメリットも有ります。

この様にメリット、デメリットが有るとランジェリーを着けること自体に躊躇してしまう様な感じがしますが、
出来れば着けた方が良いみたいです。

でも常に着けている様なメンズ用のランジェリーと言う訳でなく、
浴衣の時には浴衣に合ったランジェリーを着用する様にした方が良いと思うのです。

本来は浴衣用の肌襦袢を着ると良いみたいですが、
なんだか暑苦しいですし男の人は襟ぐりから肌襦袢が見えていること自体恥ずかしい様な感じがしますよね。

ですから最近は丸首のTシャツを上に着て、
下は通常の下着の上にステテコを履くと言うスタイルが良いみたいです。

ステテコは肌がサラッとして着心地も良いですし、
汗も吸収してくれます。

また最近はステテコブームと言うことから色んな柄やデザインのステテコも有りますので選ぶのも楽しいと思います。

浴衣のときには男の人も女性もランジェリーを着けて、
その上に浴衣を着る様にするのがキレイに浴衣を着るポイントだと思いますよ。

お気に入り